カニ全体では特に大型ではない品種で、中身もいくらか少ない毛ガニなのだが、身は旨みが伝わってくるはっきりした味で、カニみそもやみつきになるほどで「カニにうるさい人」を納得させていると思います。
少し前までは、旬のズワイガニを通信販売で購入してみるというようなことはありえなかったことですね。挙げられるのは、インターネット時代になったこともそれを支えているからに相違ありません。
今日では高評価で美味なワタリガニとなっているため、安心なカニ通販などでも注文が増大して、どんなに僻地でもご賞味いただくことが見込めるようになってきました。
活毛ガニは直接、水揚地まで赴き、精選して仕入れなければならず、経費や手間ひまがとても掛かります。そのために活き毛ガニの取り扱いのある通販店はまずないでしょう。
毛ガニなら北海道に限ります。産地直送してくれるおいしい毛ガニをネットショップなどの通販で入手していただくのが、この時期ダントツの楽しみという方が大多数いるはずです。

冬と言うのはカニを頂きたくなる時節となりますが、山陰地方で獲れる松葉ガニに勝るとも劣らないのが瀬戸内海沿岸の上質なワタリガニです。正確な名称はガザミとつけられていて、最近では瀬戸内を代表するようなカニと言われています。
ワタリガニと言えば、甲羅が強力で身にずっしり感があるものが選別するための大切なところ。煮てみても美味しいが、少し焦げ目がつくくらいに焼いたりしてもたまらない。独特の味の身は冬に最適のチゲ鍋などにドンピシャリ。
自然があふれている北海道の毛ガニの口当たりの良い旨み、豊かな蟹味噌の味と優れた舌触りに満足感を得た後の最後は風味が広がる甲羅酒をグイグイっと。毛ガニは最高の食材です。
味わってみると実に食感の良いワタリガニの季節は、水温が低くなる晩秋から春だと言われている。この間のメスは普段よりも甘みがあるので差し上げ品として扱われます。
とびきりうまい肉厚の身を満喫する醍醐味は、なんてったって『最高レベルのタラバガニ』だからこそ。自宅にいながら、簡単に通信販売で手に入れるということが可能なのです。

売り切れごめんの新鮮な毛ガニを思う存分楽しんでみたいという方なら、すぐにでもかにの通信販売でお取り寄せするべきでしょう。感動のあまり絶句するはずです。
本ズワイガニの方が特に甘みがあるだけでなく柔らかくて、大ズワイガニの方は美味しい淡白な身が大きいため、気合を入れていただくには丁度いいと思います。
皆さんはちょこちょこ「本タラバ」と言われる名前を聞く場合があろうかと考えますが、美味しい「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という理由で「本タラバ」と称しているとのことです。
ジューシーな身が美味しいタラバガニとなっているが、味はほんの少し淡白である事から、その状態で煮てから食べようとするよりも、カニ鍋で味わった方が美味だと考えられています。
卵を保有している雌のワタリガニの方が、普通の雄よりも一級品です。美味な胸の身や絶品のミソの部分においては、雄と雌に言うほどの隔たりは感じないが、卵は質が良くコクのある味です。