その姿かたちはタラバガニと似通っている花咲ガニなのですが、少し小型で、身を食すとえびと間違うほどの風味があります。その卵子はお目当ての人も多いほど特別おいしいです。
「日本海産は良質」、「日本海産はうまい」という主観は誰もが持ちますが、ツアーが行われるカナダの沿岸部、カニがたくさんとれるオホーツク海、太平洋で最も北にある緑海のベーリング海もズワイガニにとっては「繁殖しやすい海域」なのでしょうね。
大体カニと言いますと身の部分を味わうことを想像するが、ワタリガニに限れば爪や足の身に加えて、ボリュームがある肩の身やカニミソを食べ、中でも素晴らしいメスの卵巣は上質です。
カニ全体ではカワイイ品種で、中身の状況も少し少ないのが毛ガニの特徴ですが、身はうま味が際立つしっくりくる味で、カニみそもやみつきになるほどで「かに好き」に好かれているのです。
そのまんまの最高の花咲ガニを手に入れたという時に、解体するときに指や手を切って怪我をしてしまうこともあるから、料理用の厚手の手袋などを使用したほうが安全性は高いです。

特徴ある毛ガニは、北海道ではごく当たり前のカニとして知られています。胴体にパンパンに入っている身や甲羅部分に入っているカニみそを絶対にたくさん口にしてほしいと感じます。
あっという間に完売する絶品の毛ガニを食べたいという方は、のんびりせずにかに販売の通販でお取り寄せするのが一番です。思わず「う〜ん」とうなってしまうことを請合います。
寒い冬の味覚ときたらカニに決まりですね。北海道ならではの旬のおいしさを思いっきり堪能したいなんて思って、通販のお店で買える超低価格のタラバガニをいろいろ検索してまいりました。
雌のワタリガニになると、冬期〜春期の季節には生殖腺機能が充実して、おなかにたまごをストックするわけです。豪華なたまごも頂く事が出来る味や香りが豊富なメスはビックリするくらい絶妙です。
市場に出回る主なタラバガニはロシア原産を支持しているため、全体的にオホーツク海などに生きており、稚内港へと入ってから、そこから各地へ配送されて行くのだ。

引き締まった身が楽しみなタラバガニといっても、味は少しだけ淡白なところがあるので、何もせずにボイルして召し上がった場合よりも、カニ鍋に調理して楽しむ方が美味だと聞いています。
通販から毛ガニを注文し、水揚後浜茹でを自分のうちでリラックスしていただいてみませんか?タイミングによっては旬の活き毛ガニが直送で自宅まで送ってもらえることもあるんです。
花咲ガニ、このカニはズワイガニなどと比べても数が少数なので、獲れる時期はなんと7月〜9月だけ、従って最も食べるのに適した旬と言うのが、9月から10月のみとまったく短いのです。
観光地が有名な北海道の毛ガニの抜群の甘さ、リッチな蟹味噌の味と上質な舌触りに大満足の後の仕舞いは何と言っても甲羅酒をお忘れなく。。毛ガニこそカニの王様だと思います。
自分の家で旬のズワイガニをお取り寄せできるなんて楽ですね。ネットショップなどの通販であれば、他よりも低価格でお取り寄せできてしまうことも結構あるものです。