特別に4月頃から7月前後までの期間のズワイガニは何より質が良いと評判で、味の良いズワイガニを味わいたいと考えるなら、そのシーズンに買い求めることをイチオシします。
この数年間でカニファンの間でなんと「花咲ガニ」が注目度急上昇しています。花咲ガニ全体の8割ほどが獲れる北海道の根室まで出向いて、とにかく花咲ガニを味わっちゃおうというツアーの募集もあるほどです。
冬とはカニが美味な時期となりますが、山陰沿岸で陸揚げされる松葉ガニに引けを取らないのが瀬戸内海沿岸の旨いワタリガニです。正式にはガザミとされていて、今節では瀬戸内で評判のカニと考えられています。
概ねカニといえば身の部分を食することをイメージするはずですが、ワタリガニでしたら爪や足の身のみならず、多量の肩の身やカニミソを食べますが、特に独特のメスの卵巣は抜群です。
カニ全体では特に大型ではない仲間で、中身の密度もほんのちょっと少ないのが毛ガニのマイナス面ではありますが、身はうま味が抜群のはっきりした味で、カニみそも豊かな味わいがあり「かに通」がおすすめしているとのことです。

九州で有名なカニはワタリガニ。脚の中で身入りがあるのはつめ位ですが、反対に、甲羅の内側は贅沢感で溢れています。くまなく言葉が必要ない美味しい中身が豊富にあります。
売切れるまであっという間の獲れたての毛ガニを存分に味わいたい、なんて方はぐずぐずせずにネットなどのかに通信販売でお取り寄せするようにしてください。感動で溜め息が漏れてしまうでしょう。
捕獲量がわずかなので、それまで日本各地で売買が不可能でしたが、通販の普及に伴い、北海道ではなくても花咲ガニを楽しむことができるようになったのです。
花咲ガニですが非常に短期の漁期で(初夏から晩夏)、いわゆるシーズンの短期間のみの他とは違う蟹のため、試したことがないという人も多いように感じます。
寒くなると恋しくなるタラバガニとズワイガニは、外見と同じように味的にもかなりの相違がある。身がぎっしりのタラバガニは、見とれてしまうほどで食べた感覚が格別だけども、味として少なからず淡泊なのだ。

皆さんは時として「本タラバ」と命名される名前をお聞きになるときがあると考えられますが、寒い冬におすすめの「本タラバ」は「本物のタラバガニ」というところから「本タラバ」と紹介されているのは有名な話です。
カニが好きでたまらないファンがハマっている食べ応えのある花咲ガニのおいしさは、ねっとりと濃厚で深いコクが特筆されるのですが、一風変わった香りで他のカニの香りと比べると磯の香りとはいえ結構あります。
タラバガニの不揃い品を通販で販売している店では、綺麗とはいえないものを低価で売りに出されているので、自分用として買うつもりなら試す意味はあるでしょう。
茹で終わったものを食べる時は、あなたが煮立てるより、ボイルされたものを販売店が素早く冷凍処理した代物の方が、天然のタラバガニの味覚を感じる事が出来るでしょう。
浜茹でが行われたカニであれば身が縮まることも認められないし、海産物特有の塩分とカニの風味がうまい具合にフィットして、そのままの状態でも上品な毛ガニの味をいっぱい楽しむ事が可能でしょう。